アンケートモニター募集サイト > ジャパンネット銀行からトークンの切り替え
 

ジャパンネット銀行のトークンは、アンケートモニターやその他のお小遣い稼ぎのポイント交換、

  現金化の手続きにも直接的、或いは、間接的に関連がありますので記事にしてみました。


旧トークンとの切り替えのために、ジャパンネット銀行から新しいトークンが郵送されてきました。

2011年7月23日に、ジャパンネット銀行からメールで連絡がありました。

メールの内容は、

「お客様が登録している住所へ新旧切り替えのための新しいトークンを郵送しました。」

というものでした。それと、

「現在ご利用いただいておりますトークン(旧トークン)は、有効期限を過ぎますとトークンを利用した

お取引ができなくなります。なお、有効期限が過ぎた場合でも暗証番号やログインパスワードが

おわかりであれば、 新しいトークンへの切替登録ができます。」

という説明が書いてありました。それから数日してから、新トークンが郵送されてきました。

ジャパンネット銀行トークンの切り替え

郵送されてきた梱包(緑色の薄いビニールで覆われている)と、5年前から家にあったトークン

ジャパンネット銀行のサイト情報によると、このトークンの有効期限は5年間限りなのですね。

だから新しいトークンに切り替えて下さい、というわけなんだ。。

ジャパンネット銀行トークンの切り替え

上のトークンが梱包に入っていた新トークン。見た目は今のトークンと何も変わらないです。

ジャパンネット銀行トークンの切り替え

旧トークン(左側)と新トークン(右側)では、60秒おきに変わるパスワードが違います。当たり前か(笑;;

5年間、机の引き出しに入れていた旧トークンは新トークンと比較すると少し色あせています。

アンケートモニターで貯まったポイント交換を現金化したものを、ジャパンネット銀行さんに振り込んで

もらったり、そのお金を引き出したりする時には、このトークンは使いませんが、そのお金をそのまま

何か買う時に振り込んだりする時には使いますね。いずれにしても、お小遣い稼ぎにも大事なアイテム

ですから、ちゃんと切り替え登録をしないと。

ジャパンネット銀行トークンの切り替え

梱包品に同封されていた、トークン切り替え登録のお手続き方法の説明書

新旧切り替えの手続きは簡単で、ジャパンネット銀行さんのサイトにログインして、

4桁の暗証番号、新しいトークンの裏側に刻まれているシリアル番号、そして、新しいトークンで

表示されている新しいワンタイムパスワードを入力、後は切替登録ボタンをポチッと押すだけで完了しました。

切替手続きの所要時間は、1分くらいでしたかね。本当に簡単でしたよ。

手持ちの旧トークンの有効期限は、まだ、2011年10月31日まであるのですが、度忘れすると

嫌ですから、早め早めにということで、本日の2011年8月18日に切替手続きをしました。

注意点と言えば、登録されている住所が、ちゃんと現住所でないと、手元に新しいトークン自体が

郵送されて来ませんので、あらかじめ登録してある住所を確認しておくことくらいですかね。

いずれにせよ、ジャパンネット銀行 と 楽天銀行 の2大インターネット銀行は、アンケートモニターや

他のお小遣い稼ぎの入金手続きには欠かせませんので、早めに登録しておきましょうね。

【追記】

ジャパンネット銀行からのメール連絡が来た時に書いてあったので引用しておきます。

確かに、この5年間でトラブルなどは一切なかったので、安心して使用できると個人的には思います。

トークン配送の安全性について

「トークンは、お客さまご自身が利用登録手続をされるまで、お客さまの口座番号や個人情報とは

関連性を持たず、万一、利用登録前にトークンが他人の手に渡っても、不正取引をされる心配は

ありませんので、ご安心ください。」


関連参考ページ

インターネット銀行で口座を作る

5年前に郵送されてきたジャパンネット銀行トークン (2006年9月1日)

 

 アンケートモニター募集サイト